一人暮らしのための安い水サーバー

水サーバーは安いのか

水サーバーは安いのか 一人暮らしに水サーバーを導入したいという時、どの程度費用を考える必要があるのでしょうか。一人暮らしに水サーバーなんて、贅沢品という感じもありますが、実際に水サーバーにかかる維持費は、水代、サーバー代、電気代のみです。水サーバーに、年会費などの余計なお金はかかりません。思っているより全然安い料金、そして初期費用ゼロで導入することができるアイテムです。

でも実際に私達は、より安い水サーバーはどれかという選択をして行くことになります。最近の水サーバーに目を向ければ、思っているよりも安いものを見付けることができます。最近では、月額レンタル料が無料の水サーバーが非常に増えています。実際にお金の支払いをするとしても、毎月1,500円程度と安い費用で済ますことが出来ます。電気代について考えるなら、そこまで高額な費用がかかるわけではありませんから、水サーバーを維持しようと思えば、毎月約2,000円前後で済ますことが出来てしまうのです。これなら、一人暮らしのみなさんも、水サーバーを導入しようという考えが生まれるのではないでしょうか。

水サーバーではなく、電気ポットで我慢しようという気持ちが起こるかもしれませんが、電気ポットという場合、1日2回沸騰させる設定で、常に保温状態なら、毎月900円程度のお金がかかってしまうことになります。電気ポットの少量タイプの選択もあるかもしれませんが、都度沸かすことを考えると、電気ポットと、水サーバーは比較してそれ程大差ないことが判って来ます。実際に、安い水サーバーの選択は、水の料金についても意識をする必要があります。

水サーバーで水の料金を支払いしなければならないというものの、相場は、500mlあたり50~100円程度です。ほとんど、コンビニで水を買うのと変わらないコストで利用することが出来ます。2リットルペットボトルの水を使用する場合、水サーバーの方が割高になる場合もありますが、それでも、水サーバーは、自宅まで配達してくれる訳ですし、水サーバーには大きなメリットがあると考えるべきではないでしょうか。

人間が一日に必要としている水分は1.5~2リットルと言われています。ただし、そこには、野菜や食事から摂取できるものも含まれているため実際には、毎日1リットル前後が目安です。20~30リットルが水サーバーの利用で、3,000~5,000円程度がお水の料金です。電気代が1,000円、水代が4,000円、更に水サーバーレンタル料が500円かかったとして、5,500円かかることになります。この価格をどう考えるでしょうか。

最新記事